×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アタッシュケースとは

アタッシュケースはアルミやカーボン、ジュラルミン素材、ソフトケースなど様々な素材が人気です。一般的にはリモワやゼロハリバートン、サムソナイト等のブランドが人気です。具体的にアタッシュケースとは、厚さ5センチメートルほどで、書類を入れる箱型のビジネスマン用手提げカバン。こう言い間違える人が多いが、アタッシェケースのほうが正しいため注意。硬い箱型の手提げ鞄をいう。非常に薄く、入れられるのはハードカバー本1冊分程度の厚みの物までと様々です。

人気のアルミアタッシュケース

楽天でアタッシュケースの人気ランキングを見ると、リモワのアルミアタッシュケースが1位になっていました。「リモワ(TSAロック付) 4輪スーツケース トパス 932.77 シルバー 80cm/104L 」お値段は参考価格 147,000円 (税込) リモワとはどんなブランドかというと?・・・・1898年にドイツのケルン市で主に牛革を素材としたスーツケースを製造。2代目のRichard Morszeck氏が工場を引き継ぎRichardの「RI」と、Morszeckの「MO」とドイツ語で商標を意味する始めの2文字の「WA」を続けて『RIMOWA』(リモワ)と命名して現在に至ります。リモワは初代のPaul Morszeck氏が提唱した【ハンドクラフトマンシップ】【高品質の素材と正確な製造】という定義を、いかにもドイツらしい職人気質で頑なに貫いてきたからこそ、現在のアルミアタッシュケースにおけるトップブランドの地位を固辞していると言えるでしょう。

カーボンアタッシュケース

他にもアタッシュケースの人気ランキングを見ると、アルミ以外の素材ではカーボンやソフトケースなどが人気の様子。ブランドではリモワの他にはリーズナブルなセロハリバートンやサムソナイトが評判です。ゼロハリバートンとは?・・・1930年代、エンジニアであったアール・P・ハリバートンは、カバンの隙間から入り込む砂や埃によって重要な書類や荷物が汚れる事に不満でした。「どんな環境にも対応できるカバンを」との思いから、中身を完全に保護する密閉性、強度、耐久性を備えた理想のカバン造りに自ら着手。エンジニアとして培った知識と経験を活かし、苦労の末ついにアルミニウム2024合金製のオリジナルケースを完成。その強さと美しさを兼ね備えたアルミケースはたちまち評判となり、世界的に広がりをみせる。1968年にハリバートン・ケース社はゼロ・コーポレーション社と合併し量産体制が完備。翌1969年にはアポロ11号の「月面採取標本格納器」を製造。